CODEX | 塊根植物

ペニクリツム / ペニクリナム

サルコカウロン・ペニクリナムとムルチフィズムの種まきから開花までの生育記録(モンソニア・ペニクリナム/ムルチフィダ)

冬型塊根植物の中でも希少度と人気度が圧倒的に高い品種です。ナミビア砂漠や南アフリカに生息していますが、極度の乾燥地帯で年間でも数ミリ程度しか成長しないことで有名です。今回はメルカリでペニクリナムの種子が出品されていたので蒔いてみた記録をここに残しておきます。ちなみにタネはめちゃめちゃ高かったです(汗)
アデニア

アデニアの種まき(グラウカ、メタモルファ)

主に南アフリカやソマリア、ケニア、アジアなどに自生する塊根植物です。 今回はたまたま手に入ったメタモルファの種とドイツのケーレスから輸入したグラウカの種まきを行ってみましたのでそちらをレポートしていきたいと思います。
アデニア

アデニアの発根管理(グロボーサ、ステイローサ)

アデニアはタンザニアや南アフリカに自生している塊根植物です。 日本で一般的なのはグロボーサやグラウカですかね? 自分はこれまでアデニアを一つも持っていなかったので、今後自家受粉を視野に入れて現地株の発根管理をすることにしました。
ユーフォルビア

【屋内飼育】ギラウミニアナの受粉、種まきから育て方

ユーフォルビアの代表種。ユーフォルビア・ギラウミニアナ。 自分はこの夏初めて現地球株を発根管理しましたが、秋になって種が採れ始めたので、採り蒔きをしてみました! その様子をコチラに残しておきたいと思います。
LED栽培

ケラリア・ピグマエアの受粉から種まきから1年程度

冬型塊根植物の代表であるケラリア・ピグマエア。夏場は少し活動が止まり、少し涼しくなってきた頃が最も活動する塊根植物です。さて、そんなピグマエアですが、私の環境でやっている自家受粉方法と種まきの様子をご紹介したいと思います!
ペラルゴニウム

ペラルゴニウム・ミラビレの受粉(自家受粉からの種採取)

冬型塊根植物の中で人気を誇るペラルゴニウム・ミラビレ。せっかくなら自分で種を採りたいですよね?私もそんな思いから現地株を購入しました。そして、2年目の冬にようやくチャンスが、、上手く受粉が出来るとこんな感じでビョーンと伸びてきます。
ペラルゴニウム

ペラルゴニウム・ミラビレの切り枝を水耕で発根管理してみる(発根管理1年後の様子あり)

今までの発根管理はお決まりのようにオキシベロンに数時間浸けて、乾かしてルートン塗って植え込むみたいな感じだったのですが、とあるブログを読んでいて水耕での発根管理をやってみたくなったので、その様子をまとめておきます。
ユーフォルビア

メルカリで買ったギラウミニアナの切り枝を発根管理してみた

写真は現地株のギラウミニアナですが、これを買おうと思うとまぁ高い、、よし、それならと思い、メルカリで見てみると、売ってるではありませんか!切り枝が(笑)そんな私のギラウミニアナの切り枝発根管理の経過をまとめてみました。
ケラリア・ピグマエア

ヤフオクで買ったケラリア・ピグマエアの発根管理

ヤフオクを見ていると買ってしまうので、2週間に1度しか見ないようにしています。 どうも、あちゃちゃいです(笑) 今回は冬型塊根植物(個人的には冬型ではない気もするが)ケラリア・ピグマエアの発根管理をやっていきたいと思います。
LED栽培

メルカリで買ったケラリア・ピグマエアの実生はLEDのみで育つのか?

ピグマエアは私にとって塊根植物にハマるきっかけとなった植物です。大地を感じる塊根部にぷっくらとした葉っぱ。もー大好きです笑 そんな私が屋内の環境でLEDのみでピグマエアを育てた記録をここに残しておきますので是非とも参考にしてみて下さい。